ご投稿頂いたネタをご紹介します

熊本と〜まる:遊んでクラブ

と〜まるTOPへ戻ります!  前のページに戻ります!

投稿頂いた方 内容
tomo1954 2000/2/18:
ろくもじで、さらこって、こちらにHITしました。 福岡県大牟田市の南部に生息するおやじです。
ろくもじというのは、大牟田だけかと思っていましたので、肥後の國でも同じ遊びがあったことを知り,ひとり感動しております。 ちなみに、おやじたちが集まってろくもじ大会でも、やりたいと、考えております。
★駄菓子屋クラブ投稿分併載
メンコではなく、パッチと呼んでいました。
写真パッチ、実写版 鉄人28号が見たいですね。
管理人dodongo そちらでも「ろくもじ」は通用するのですかぁ?結構メジャーな遊びだったとは、なんだか嬉しくなりますね。
こちらでも4年前の同窓会で、その「ろくもじヤロウぜ!」って話しが出たのですが・・・実際誰も実行しようとする勇気がありません。(^_^;)・・・足がもつれますね・・・。(笑)
♪ビュ〜ンと飛んでくテ〜ツジン!にじゅうは・ち・ごーーー♪
なつくさ 2000/2/5:
「う〜らおもて〜で文句なしっ!」って、後から必ず文句言う奴がいましたね。
管理人dodongo 結局、五分五分の組み合わせになるまで揉めました。(^_^;)
そこで、二人の親(力のある奴)を決めて、取りゲンをやってましたよ。
ちろみ 2000/1/22:
初めて拝見しました。 なつかしいですね、私も小学生の時高たか鬼ごとかしてましたよ。
ひとつ、思い出したんですけど、健軍、帯山方面で、「五歩げん」という遊びがあって、そのバージョンアップみたいのが「十歩げん」というのがあるんです。 私も遊んでたけど、肝心のルールを忘れちゃったみたいで、もし、知ってる人がいたら教えてほしいなぁ〜なんておもっていたりして・・・。
管理人dodongo 「高たか鬼ご」は別名「高鬼」とも呼ばれているようです。
五歩げん・十歩げん・・・ですか? 残念ながら私の記憶にはありません。
「チ・ヨ・コ・レ・ー・ト・・・ジャンケンポン!」とは違うのでしょうねぇ。 5歩歩いてジャンケン?(^_^;)
KEN 2000/1/13:
ウチ等の場所も「牛乳ふた返し」はなつくささんと同じ用にツメを使って牛乳のふたと下の段差を利用して擦るようにして返してました。(あまりやるとツメが削れて痛くなる。)それと遊びで「面積取り」と言う遊びをやっていた。地面にでかい四角を書いて4辺のうちのどこかに親指を置いて円を描く様に半円を作ってそこの中に石を置いて指で弾きます。そして2or3弾いて元の半円に石が入ればその軌跡の内側が陣地になってそれを繰り返し、最終的に一番広く陣地を取ると勝ちです。
のちに似た様なコンピューターゲームができました。
管理人dodongo >地面にでかい四角を書いて
こちらでは陣取りゲームですねぇ、なつかしい。
現在のように遊びのツールが無くとも、地面や石ころで豊富な遊びが存在しました。
なつくさ 2000/1/5:
北熊本駅の裏、遊水池になっている一帯は、現在乾いていて「原っぱ」状態になっています。
基地を作っていた頃を思い出しました。今の子供はそんな遊びなどしないのでしょうね・・・
でも何か遊びのフィールドとしてもっと活用されていいと思います(雨の少ない時期だけですが)。
管理人dodongo サンダーバードのテーマを口ずさみながら、作ってましたね。>基地
藁葺きの基地・材木屋の屋根裏基地・解体自動車の基地・・・それからココだけの話しですが、冬場の中央プールに偲び込んで作った基地・・・。
あ、中央プールの女子更衣室の窓ガラスを割ったのは、私じゃありません。(聴いてないそんなこと?) 今だと、どれもこれも問題になりそうな基地ばかりですが・・・。このへんの基地造りの紹介も考えてはいるのですが・・・ちょっと実名ではどうかな(^_^;)
なつくさ 1999/11/6:
「牛乳ふた返し」は私達の場合、「ぱっ」と息で返すのではなく、ふたの縁の微妙に反っているところを爪の先でひっかくようにして返していました。息で返すのは見ていてダイナミックな感じでしょうけど、このやり方だと何か陰気くさ〜い遊びに見えますね。でもそれで盛り上がっていたのですから今思えば不思議です。
足の裏の感触、といえば、私の場合は八景水谷公園の砂の感触。私が子供の頃は溢れるほどの水が湧き、底はきれいな砂に覆われていました。水に入れば砂の感触がくすぐったくて気持ち良く、冷たさに暑さも忘れ毎日のように遊びに行った夏休みでした。
管理人dodongo >爪の先でひっかくようにして返して・・・
それはめずらしいやり方ですねぇ。 でも、そちらの方が衛生的ですよ。 息で吹き返す方法はダイナミックですが、机の上も文字通りダイナミックにグチャグチャでしたから・・・。
机の上の遊びで思い出しましたが、エンピツの芯をノートに立てて弾き飛ばして、陣取りみたいな事やってませんでした?芯がポロポロ折れて大変でしたけど・・・アレ面白かった。 ルールを忘れてしまいましたけど・・・。
なおぞう 1999/11/6:
屋根裏絞首刑は僕らもやってました。 近所の弓道場で。 あとは、‘高たか鬼ご’や‘色付き鬼ご’小学校の校庭に半分だけ埋まっているタイヤで陣取り。 バラ撃ちや○○○人のくーろんぼなんてのもやってました。 今じゃ口にできないですよね。 学校の裏山でロッククライミングもどきもやってましたよ。 ちなみに私はとっても給食のおいしかった春日小学校でした。 裸足で体育倉庫の石灰を踏むとなんとも言えないひんやり感がたまらなかったなぁ。
管理人dodongo 「イン○人のく〜ろんぼ」を本当はUPしたかったのですがねぇ・・・。だるまさんが転んだじゃ面白くないし・・・。
>裸足で体育倉庫の石灰を踏むとなんとも言えないひんやり感 : とても良い表現です。大切ですね>思いで
ぶろ 1999/11/2:
うげっ!初カキコならず・・・・(T_T)
まぁ、そらよかたい。ばってんが「ひまわりぎせい(向日葵犠牲?)」のここに載っとらんとは、おかしかごたるねえ?
おるも、ルールは忘れてしもたねぇ。・・・・・・・次は尋ね人やな(((^^;)
管理人dodongo うげげっ!残念です。>初カキコ。 ひまわりぎせい?? ひまわり・・・あの地面にカキカキして走り回るやつ?
なつくさ 1999/11/1:
懐かしいですね〜、こんな遊び。
ただ年代が少し下なせいか、また校区が違うせいか名前やルールが若干違っているようですね。
例えば「屋根死刑」は「屋根裏絞首刑」なんてシュールな呼び方してましたし(ルールは同じ)、「六文字」も野球に近いルールでやってました(アウトはタッチアウトか球投げつけのいずれか)。 それから「と〜まる」はやった覚えありません。 というかここで初めて目にしました。 泥玉を固めたのはもっぱら投げつけ専門だったような・・・しかも石入れて。でもそれじゃ何のためにわざわざカチカチにしたんだろ。あれれ・・・? 私達がよくやってたのは「基地」を作ること。 野原で丈の高い枯れ草を集めて小屋状のスペースを作ってましたね。 でもそれで戦争ごっこなどするわけでもなく、放課後の時間、友達としゃべったりゲームしたりで過ごしました。今で言う「大人の隠れ家」子供版みたいな感じかな。
それから2B弾で遊んでましたね。 八景水谷公民館前の崖(下は八景水谷公園の一番奥の池)から火の付いた2B弾を投げて、いかに水面スレスレで爆発させるかを競ったものです。 これは投げるタイミングが難しい。 最高なのは、水柱が立つような水面での爆発。これはよほどの強運がないと不可能です。 投げるのが早すぎると水面に落ちて消えるし、遅いと手の中で爆発する(血だらけになった友達もいました)。 しかも足場は滑りやすい崖でそのスリルもある。 そうそうその崖「がんづ坂」って呼んでたかな・・・。 あ、良い子のみんなは真似しないようにね!
管理人dodongo なつくささん、どうも。(^○^) 「遊んでクラブ」では、開設以来、初の投稿です。 これで私も成仏できます。(・人・)
>屋根裏絞首刑:私達も別名「絞首刑」と呼んでましたよ!・・・でも、誰の首を絞めたわけじゃあ〜りませんが・・・。
>基地:やっぱ、基地ですか・・・。ホント基地は最高です。だいたい「サンダーバード」や「科学特捜隊」のテーマを唄いながら作ってました。
ここだけの話しですが・・・((きく電の小さな溝川・・・線路直下に秘密基地があります。場所は言えません(^_^;)))
2B弾:おぉ!そんな遊び方もあったんですかぁ、八景水谷で・・・。
参考までに「限定サマータイム」→ 「と〜まる」の避暑地「サマータイム」はココ!(夏季限定分) にも、ちょっとした花火の遊び方をUPしてます。