No.002 桃太郎の甘納豆

 

販売方式:くじ

販売価格:5円/1回

  1. マズ一番下段の小さな袋を引き抜く。
  2. その中に、あずき粒大の小さな甘納豆が少しだけ入っており、更に「くじ」の紙切れも入っている。
  3. 「スカ」と書いてあれば、それでおしまい。つまり下段の袋は「くじ」と「残念賞」を兼ねている。
  4. 無論当れば、該当の袋を上段から頂ける事になる。大きな甘納豆がたくさん入っている。
  5. いつの世もそうだが、1等が当らない。最後まで残っている。
  6. 封入されているクジの当選絶対数は同じハズ。ならば最後に抽選用がヒトツと1等がヒトツだけ残っていれば、必ずゲット出来るハズだが、そんな事は一度も無かった。いつの間にか無いのである。
  7. 逆を言えば、最後にスカのみが残ってもおかしくない。当然そうなると誰も買わなくなる。不思議だがそういう事も無かったように思う。
  8. 販売管理がどうなっていたのか興味がある。いつ商品を交換して、仕入れがいくらで、そもそも利益なんてあったんだろうか・・・。
  9. 最近でも、駄菓子屋ブームというか、そこそこ懐かしい菓子を見かけるようになったが、やはりニセモノはニセモノ。昔の駄菓子はもっと、マズかったハズである。
  10. しかし、この甘納豆はおいしかった。今でも、存在するのなら挑戦したい!1等を当てたい!
りり様:投稿1999/8/14
甘納豆は私の友人によると祖母が駄菓子や実は1等はないそうな!! そりゃ子供の夢を裏切っている・・。( _ ) でも聞いたのは15年程前なので、細かい事は忘れました。ああっなんてこと・・・。

 

と〜まるTOPへ戻ります!   前のページに戻ります!