No.005 ミニクリーム(メロン味)

 

販売方式:バラ売り(くじ付き)

販売価格:当時5円/1個

  1. ミニクリーム・・・。実態は、直径3センチくらいの小さな容器に入ったメロン味のサワークリームである。今でも販売されている冷凍菓子の”メロンシャーベット”の事ではない。
  2. 当然、ナマぬるい・チビッとしか入ってない・大した事ない味・・・の三拍子。
  3. 裏蓋にくじが付いており、当りの場合もう1個もらえる。
  4. ゼリーと同じように”クリーム”と名が付けば、それだけで贅沢な気分になる。当時、ケーキなど食おうものなら最高の贅沢・・・しかもバタークリームのメチャ甘いやつ。今の生クリームのショートケーキなど、夢のまた夢。
  5. 「美味」「栄養」の言葉に洗脳されていたのだろう・・・これもまた、おいしかったのである。今、こんなのを食べたら、どんな感じか・・・?・・・マズそうだ。
  6. 美味・栄養豊富・滋養・一粒300メートル・・・。今でこそ誇大広告は目立たないが、当時のキャッチは凄かった。
  7. 美味と言えばそうかもしれない。
  8. 栄養豊富と言えば”基準さえ落とせば”ウソにはならない。
  9. 滋養と言えば”何も食べない”より滋養にはなる。
  10. 一粒300メートルと言えば”300メートル走るだけのカロリー”は確かにあるのだろう。でも、グリコを食べて運動会に出た方が絶対に有利だと思っていた。
  11. 考えてみれば昔の消費者の方がたくましい。誇大広告に惑わされながらも経験を積んで行き、そして自己責任の認識を持っていた。子供ですらそうである。今はPL法や色んな法律に守られてはいるが、何かあると大騒ぎ。
  12. 今、「美味・栄養豊富」と明記して、このようなミニクリームをコンビニに置いたら・・・ひょっとしてバカ売れするのではないか?!
  13. みたらし団子がバカ売れ(1999年4月現在)。しかも4個刺して100円よりも3個刺して100円の方が売れている。その力は当然”団子3兄弟”である。


上段:ジャンボヨーグル:サンヨー製菓
下段:各ヨーグル:ダイケン製菓所
★うららさんからの提供

と〜まるTOPへ戻ります!   前のページに戻ります!