1999/6月〜9月 限定掲載分

夏は dodongo!

 dodongoの写真を夏季限定でUP!
下手をすると、大切なお客様を失笑、失望させ、カウンターストップの憂き目に遭う、自虐的行為に出た。
・・・そもそも、お客様は管理人のプロフィールなどに興味など示されてはいないとdodongoは認識している。
ならば触れずとも良いのだが・・・そこは職権乱用、管理人の好き勝手にさせて頂きたい。
何卒「夏季限定」ということでご理解願います。

dodongoの日記!


 ※ 上記の日記は「へた字フォントVer1.1」を使用しております。

 
 

dodongoの通信簿!

教科

評価の観点

採点
国語 国語に対する関心や意欲があり、進んで学習に取り組むことができる。
社会 社会のことがらのもつ意味を考え、判断することができる。
算数 解き方や結果についての見通しをもち、筋道を立てて考えることができる。
理科 自然に親しみ、興味・関心をもって意欲的に活動し、生物を愛護しようとする。
音楽 曲の変化を感じ取り、特徴や仕組みに気をつけて聴くことができる。
図工 物の見方や表し方に関心を持って、進んで造形活動を楽しむことができる。
体育 約束やきまりを守り、互いに協力して、最後まで楽しく運動することができる。

特別活動の記録:ふきふき係

測定 身長:25メートル 体重32000トン 特技:火を吹く

学校からの通信

勉強に興味・関心があり、ポイントをおさえた学習で着実に力をつけています。
ただ、学校にいろいろな物を持ち込み、教室内で走り回ったり火を吹いたりすることもあり、注意が必要です。
今後に期待します。
家庭からの通信
見ました。

  夏は氷!

 発砲スチロール製のカップに今風のクラッシュアイスでは風情が無い。
ここは是非ガラス製の小鉢に入れて本格かき氷をGETしたい。
出来れば、薄紫色のプラスティック小鉢だと尚の事良い。
入手先は、下町の薄暗い駄菓子屋・萬屋系、または元祖「海の家」など!

夏は昆虫採集!

 昆虫の生息場所も、範囲が狭くなったようである・・・。
それを考えると、子供達に「採集」を促すのもどうかとも思うが、決してデパートなどで購入するような「やわ」な手法は避けて頂きたい。
早朝から出発して、捕るまで帰らぬつもりで、万全の準備を整えたい。
ちなみに現在はあの「昆虫採集セット」なる物は販売されていないそうである。
理由は勿論「取り扱い上の安全性の危惧」と、なんと事もあろうに「注射器悪用の防止」との事。・・・そんなバカな。
注射器と殺虫液(赤)と防腐液(緑) ※いずれにしてもアマリ効き目が無かったが。

夏はオバケ!

 「肝試し」をやろう!
アミューズメントな「おばけ屋敷」など「屁のカッパ」である。
やるなら、徹底的に怖いところでやるべし!
おすすめは、熊本県の金峰山ふもとの「五百羅漢」!(そんな事言っても・・・(・・;))
私dodongoは、ここでやった「肝試し」の恐怖は一生忘れる事が出来ない。
地蔵さんが何百体もいらっしゃるのだから・・・それだけで相当・・・怖い。

夏は花火!

 線香花火は言わずもがな!季語「夏」である。
はかない命のごとく、瞬く間に落ちる・・・。(と〜まるの掲示板のようだ)
哀愁とともに夏を終わらせたくないので、ダイナマイツな花火をやろう!
竜南中学裏の「田畑」でやった「花火を百倍楽しむ方法」を紹介する。
(但し、紹介するだけであって、推奨致しません。危険なのでおやめ下さい)

【逃げろ!ロケット花火!!】
バラ売りのロケット花火(竹の棒が軸になっているタイプ)を大量に準備する。
通常のプレイではロケット花火の竹の棒を瓶などに刺して、まっすぐに上空へ発射するのであるが、我々のプレイにおいてはこの竹の棒をすべて折ってしまう。
そうする事により、発射方向は完全に予測がつかなくなる。
沢山の棒無しロケット花火の導火線をすべてジョイントし、地面に放射状に並べ、ジャンケンで負けた者が点火係となる。(負けたら腹を括ること!)
導火線は、たったの2〜3センチほどしかない。
点火した途端「シュボッ!」・・・大抵の者は「ふんがぁ」と声にならない声を洩らし、しかもその恐怖に腰を抜かして逃げ送れてしまう者もいる。
それでも逃げる意志だけはある為、爆心地から歩腹前進でロケットの雨の中をひたすら逃げる・・・必ず何発かはHITする・・・プラトーンの世界である。

【蛙2B弾/蛙3B弾】
今回はタイトルのみとする。(今は、「やれ!」と言われても出来ない)

【12連発打ち上げ花火!阿鼻叫喚!紅白対決!】
通常のプレイでは、花火本体の筒を地面に垂直に立て点火。上空へ12連発の色とりどりの発光弾が打ち上がる。
タイトルで大方の見当はつくハズだが、これを手に持ち2グループに分かれて対決する事になる。
当時の子供達は沢山の「デタラメ」もやってきた。
しかし、その分「これ以上やっては危険だ」という「節度」も持ち合わせていた。
何人も参加していたが、誰一人火傷はしていない。
もちろん「いじめ」なども無い・・・希望者のみの参加である。
死ぬ目に会っても、懲りずに、皆参加してくれた。・・・ありがとう。達者で暮らせ!

夏は海!

 夏は海・・・当たり前のような「言葉」なのに、何故かプールで済ませてしまう。
これではイカン。今夏は絶対に海に行く。海パンを持って・・・。
北野たけしさんの「海パン刑事(デカ)」と言うのが一時期流行った。
何故「海パン」という言葉がここまでマヌケになってしまったのか・・・。
・・・そんなことよりも、このページへ「Cool」さを求めて訪問して下さった方々。
ありがとうございます。ここは、避暑地となりましたでしょうか?
・・・「Cool じゃ無い!」?・・・申し訳ありません。(^_^;)
もともと「Cool」なページを目指していない「熊本と〜まる」のサマータイムページ!
夏季限定でお届けしております!

(〜9/30まで開催中!)

   
   
   
裏口へ戻ります
と〜まるTOPへ戻ります